TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェーズ6っていつフェーズ5に下がるの? 

新型インフル再評価委を開催へ WHO、状況を中間総括
 【ジュネーブ=橋本聡】新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)をめぐり、世界保健機関(WHO)は中間総括へ向けて再評価委員会を立ち上げる。18日の執行理事会でチャン事務局長が表明した。各分野の専門家を集め、5月のWHO総会で1回目の報告をさせる。

 再評価するのは(1)各国とWHOの対応(2)世界的大流行の定義をめぐり、現在は感染の広がりだけが尺度だが、死亡率など重症度を加味するべきかどうか(3)ワクチン製造と分配の問題など。同事務局長は「さまざまな教訓を得るため」としている。

 新型インフルは感染地域が広がるにつれ、警戒レベルの「フェーズ」が段階的に引き上げられた。昨年6月、最高の「フェーズ6」となり、世界的大流行が宣言された。しかし患者の症状が当初の想定より軽かったため、日本など先進国ではワクチンの接種率が低迷し、在庫がだぶついている。欧州では「製薬会社が一部の医師と結び、危機を誇張した」とするワクチン疑惑も報道された。

 同事務局長はまた、感染の今後について、ウイルスの変化など予測できないことが多く、「北半球の冬が終わる4月までに結論を出すのは賢明ではない」と警戒を続ける姿勢を示した。
(2010年1月19日読売新聞より引用・一部改編)

 皆さんご存知の通り、現在フェーズ6です。

 ずっとフェーズ6です。

 フェーズが4から5、5から6に上がる時は世間は大騒ぎしていました。

 しかし、どういうタイミングで6から5に下がるのか、恥ずかしながら私は知りません。

 各都道府県で、「新型インフルエンザ対策本部」とか「新型インフルエンザ対策室」などが知事をトップに立ち上がりましたが、いまだにその「本部」とか「対策室」を解散したという話は聞きません。

 これから年度末に向かい、それぞれの自治体は解散のタイミングを諮っている段階だと思います。

スポンサーサイト
[ 2010/01/30 00:00 ] 訓練フェーズ5B・6B | TB(0) | CM(1)

定義からすれば下がらないのでは

WHOが5月頃に何回か強調しているように
「フェーズは広がりを示している」ので、
レベルが下がらなくてもかまわないのでは?

いまだに致死性の高い感染と、H1インフルエンザの様に致死性の低い感染を同じ法律・マニュアルで対応しているから困惑しているのでょう。
[ 2010/01/30 09:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/718-e6d11766










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。