TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山梨県 

輸入ワクチン希望1県のみ 国産もだぶつき気味
 厚生労働省は22日、2月上旬に出荷が始まる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、現時点で配分を希望したのは全都道府県のうち山梨県1県にとどまったと発表した。同県の希望は200回分のみで、初回出荷の供給可能量474万回分を大幅に下回った。

 一方、今月29日に9回目の出荷が予定されている国産ワクチンも、供給可能な649万回分に対し、引き合いは520万回分とだぶつき気味。既に長妻昭厚労相はワクチンが余るとの認識を示しており、同省は余剰分についてメーカーとの売買契約を解除できるかどうか検討している。

 国は、スイスのノバルティス社、英国のグラクソ・スミスクライン(GSK)社の2社と計9900万回分のワクチン購入契約を結んでいる。厚労省は今月20日の特例承認を前に、都道府県を通じて輸入ワクチンの必要量を調査していた。

 初回の出荷はノバルティス社が2月3日に234万回分、GSK社が5日に240万回分可能。しかし、46都道府県は発注量を「ゼロ」と回答。唯一、GSK社製ワクチン入手の意向を示した山梨県の担当者は「4医療機関が『需要があった場合に備えて』と、最小単位の50回分ずつ希望した」と説明している。
(2010年1月22日共同通信より引用・一部改編)

 47都道府県の中で、山梨県だけが希望したという状況となれば、マスコミからの取材が山梨県に殺到したことが容易に想像されます。

 山梨県の担当者の皆様、ご苦労様でした。

 きっと心の中で、「なんでウチだけなんだ!!!!!!!」と叫んでいるに違いないでしょう。

スポンサーサイト
[ 2010/01/28 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/722-5441826f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。