TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

細菌性赤痢を防げない検疫所がインフルエンザを防げるのか 

今年に入ってから、保健所の業務量は通常の年とほとんど同じになっています。

時間があるので、過去の感染症事例について調べてみると、検疫所で防げるはずの細菌性赤痢が素通りとなっている事例を発見したので、それを機会に国立感染症研究所の細菌性赤痢のページを読んでみました。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/30/358/tpc358-j.html

やはり、海外で感染し帰国後、自覚症状があるにもかかわらず食品関係等のアルバイトに従事した例も報告されていました。
(IASR 28: 326-327, 2007)

 う~~~ん、細菌性赤痢を防げずして、インフルエンザを防ごうという考えが理解できません。

 検疫所のあり方は今後本当にどうなっていくのでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2010/01/31 00:00 ] 木村盛世等 | TB(0) | CM(1)

思考が単純すぎませんか

管理人は保健所の医師とのことですが、検疫や保健所で感染症をブロックできる(べきだ)という幻想は捨てていただきたいと思います。今回も、そうした保健所の医師たちの幻想が、現場の医療をどれだけ混乱させたか知っていますか? 水際では傾向をつかみ、情報を速やかに現場伝えてください。もちろん、100の侵入を50に減らすことができるのなら、それはそれで結構なことです。しかし、100を遮断しなければならないと思っているとすれば、その素朴な使命感には感心しますが、どうか口にはなさらないでください。市民が混乱します。
[ 2010/01/31 21:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/723-4f82d078










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。