TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラピアクタ  

塩野義製薬、抗インフルエンザウイルス剤「ラピアクタ点滴用バッグ300mg」など発売
 抗インフルエンザウイルス剤「ラピアクタ点滴用バッグ300mg」および
「ラピアクタ点滴用バイアル150mg」新発売のお知らせ

 塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」)は、抗インフルエンザウイルス剤「ラピアクタ点滴用バッグ300mg」および「ラピアクタ点滴用バイアル150mg」(一般名:ペラミビル水和物)を1月27日に新発売しますのでお知らせいたします。

 ラピアクタは塩野義製薬が米国BioCryst社から導入し、日本国内において開発*を行い、本年1月13日に世界で初めて製造販売承認を取得した、点滴静注用の抗インフルエンザウイルス剤 (ノイラミニダーゼ阻害薬) です。成人における通常のインフルエンザウイルス感染での単回投与、およびハイリスク因子を有する患者での単回投与並びに反復投与で治療効果が認められております。また、すでに小児を対象とした臨床試験が終了しており、年度内に小児用量の追加申請を行う予定です。

*第III相国際共同試験は、日本、台湾および韓国で実施
 本剤は、外来での1回の投与で通常のインフルエンザ症状に対する十分な効果と確実なコンプライアンスが期待でき、また重症例や経口投与が困難な症例にまで幅広く使用できるため、日本におけるインフルエンザの治療に貢献できるものと考えております。また、当社では、ラピアクタの適正使用を推進するため、発売後の一定期間、使用症例の全数を把握し、使用実態ならびに安全性に関する情報の速やかな収集と伝達に努めてまいります。

 なお、当社では、新規のインフルエンザウイルス感染症治療薬の必要性が高まっている社会情勢の中、最大限の努力をした結果、今期(2010年3月まで)用として約70万人分の供給量が確保できる見込みです。引き続き次年度におきましても、必要とされる量を円滑に供給するために生産体制の拡充に努めてまいります。

 塩野義製薬は、感染症治療薬のトップメーカーとして、細菌感染症やウイルス感染症を中心とする感染症の治療に貢献し続けるために、今後も研究開発活動や販売における情報提供活動に注力してまいります。
(2010年1月26日日本経済新聞より引用・一部改編)
自己判断で2割がタミフル服用中止 500人調査結果
 インフルエンザ治療薬のタミフルを処方された人のうち、5日分すべてを飲みきらずに自己判断で服薬を中止していた人が5人に1人の割合でいたことが、健康日本21推進フォーラム(東京都中央区)の調査で分かった。

 調査は昨年12月、過去1年間に新型や季節性のインフルエンザにかかったことがある20代-60代の男女500人を対象にインターネットで実施した。

 インフルエンザと診断されてタミフルを処方された場合、たとえ症状が緩和されても十分な治療効果を上げ周囲への感染の広がりを防ぐには、処方された5日分をすべて飲みきる必要がある。

 しかし、調査では5日間飲み続ける必要性を知らなかった人が3割おり、自己判断で服薬を中止した人も2割いた。飲み残した理由は「症状が改善されたから」が最も多く、「副作用が出た、副作用が心配だったから」「飲み忘れた、面倒になったから」が続いた。

 また、飲み残した人の約半数が「副作用で異常行動を起こすのではないか」と心配しており、異常行動への懸念が飲み残しの原因にもつながっていることを示した。

 一方で、飲み残した人のうち、服薬方法について医師から説明を受けた人が7割、薬剤師から説明を受けた人は4割にとどまった。

 中原英臣・同フォーラム理事は「タミフルの薬価は309円で、1日分2カプセルで618円。医療機関にストックされている在庫に加え、新たに生産・供給された分がすべて処方されたと仮定すると、5人に1人にあたる240万人が1日分を飲み残したとして、約15億円が医療費の無駄が出た計算になる」としたうえで、「正しい用法を守るよう服薬指導の充実が必要」と指摘している。
(2010年1月26日産経新聞より引用・一部改編)

 飲み残しがあるというニュースと、1回の点滴で効く新薬発売のニュースが同じ日に出ています。

 ラピアクタ、どんなもんでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2010/02/01 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/724-7ae6ab6f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。