TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中外製薬タミフル前年比9倍も株価は横ばい 

中外製薬が過去最高益 タミフル国内売上高、前年比9倍
 中外製薬は3日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の2009年の国内売上高が前年比約9倍の762億円と過去最高だったと発表した。同日発表の09年12月期連結決算も売上高が前期比31.2%増の4289億円、営業利益が同60.2%増の826億円、純利益が同44.2%増の566億円と、いずれも過去最高を更新した。

 タミフルの売上高の内訳は病院向けが前年比約5倍の362億円、国や地方自治体の備蓄向けも予算措置がついたため、約31倍の400億円と伸びた。がん治療薬などタミフル以外の製品群の売上高も同9.4%増と好調だった。

 ただ、新型インフルは「昨年12月後半から下火」(同社幹部)で、中外製薬は今年4~12月の患者数を、新型インフルの感染拡大が始まった昨年4~12月に比べて4割減と想定。今年のタミフルの売上高も前年比49%減の387億円に落ち込むとみている。
(2010年2月3日産経新聞より引用・一部改編)

 タミフル国内売上高が前年比9倍というと、本当にバカ売れなんだろうなという感じがしますが、株価は冷静(盛り込み済)で、この1年間、5月の発生パニック時と9月をピークにやや減少~横ばいの株価を示しています。


バカの壁 (新潮新書)などを週末に読みましたが、養老孟司氏の考え方にはついていけませんでした。

【4519】中外製薬(株)
スポンサーサイト
[ 2010/02/08 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/731-5544c930










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。