TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タミフルでなく、シンメトレルのせいで異常行動ということに 

タミフル訴訟、慰謝料請求を棄却 岐阜地裁
 インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用後に県内の男子高校生=当時(17)=が異常行動を起こして死亡した事故で、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」(東京)にタミフルとは別の薬の副作用と判断されて精神的苦痛を受けたとして、高校生の父親(52)が機構に慰謝料100万円を求めた訴訟の判決言い渡しが4日、岐阜地裁であり、野村高弘裁判長は原告の請求を棄却した。

 野村裁判長は、タミフルの副作用被害の再発防止などを機構に求めた父親の期待権について、「事実上の利益に過ぎず、法律上保護される利益といえない」と判断。機構がタミフルを原因医薬品から除外して判定した経緯についても、「(機構には)相当程度、合理的な裁量が許容される」と機構の裁量を大幅に認めた上、「別の医薬品が原因とする判定の申し出には一応の合理性が認められる」とした。

 一方、「(異常行動に)影響があったことは必ずしも否定できない」とタミフルの副作用について言及。さらに「タミフルを原因医薬品から除外した理由は証拠上明らかではない」と機構の判定の経緯にも疑問を投げ掛けた。

 判決によると、高校生は2004年、タミフルを服用後、はだしで飛び出し、トラックにはねられて死亡。同機構は、副作用の原因が別の薬だったとして給付金の支給を決定したが、父親はタミフルの副作用が認められなかったことを不服として提訴していた。
(2010年2月5日岐阜新聞より引用・一部改編)

 異常行動の原因がシンメトレル(アマンタジン)なのか、タミフルなのかを裁判所が判断するなんて、無理だと思いませんか?

 大規模臨床研究で、プラセボ、シンメトレル、タミフルをそれぞれ飲ませた群を前向きに追っていくコホート研究を行わなければ、真実はわからないと思います。しかしそれには長い期間と多くの費用、労力が必要です。

 しかし裁判は白黒はっきりさせる制度です。原因は闇の中のままですね。

スポンサーサイト
[ 2010/02/09 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/732-3f074510










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。