TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年4月以降もまだ新型インフルエンザのまま  

正林督章来年度も新型ワクチン接種で負担軽減―厚労省
 厚生労働省の正林督章・新型インフルエンザ対策推進室長は2月4日の「全国健康関係主管課長会議」で、新型インフルエンザワクチンの接種費用の低所得者への負担軽減事業を来年度も継続して実施する方針を明らかにした。

 接種費用の負担軽減措置は今年度事業として実施。予備費使用で213.5億円、今年度第2次補正予算で207.2億円の計420.7億円を確保している。
 正林室長は同会議で、「接種を希望する人は、4月以降もいると思う」との見通しを示した上で、「予算の繰り越し手続きを進めているところだ」と述べた。
(2010年2月5日キャリアブレインより引用・一部改編)

 これで、年度内に今のA/H1N1(2009)インフルエンザに対する新型インフルエンザ等感染症の指定が解除されないことが確定しました。

 私はてっきり3月くらいに解除され、季節性インフルエンザ扱いにすると思っていたので、非常に残念です。

 新型インフルエンザ等感染症の指定が解除されないことは、政治的な意味が非常に大きいことは分かっている(そうしないと予防接種など、特別な対応はできず、厚生労働省への予算がつかない)のですが、何か腑に落ちません。

スポンサーサイト
[ 2010/02/10 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/733-afe6cfcb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。