TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ予防接種で死亡すると2300~4200万円支払われることに 

予防接種被害、新型インフルは救済金額高く
 今国会に提案予定の予防接種法改正案の骨格について検討している厚生労働省の予防接種部会(部会長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)は9日、流行中の新型インフルエンザのような弱毒性の新型インフルが今後新たに発生した場合、予防接種による健康被害救済金の水準を季節性インフルよりも高くすることで合意した。

 弱毒性の新型インフルについて、接種の努力義務は課さないが、国が接種を奨励する「新臨時接種(仮称)」と位置づけることで一致。健康被害救済金は、接種の努力義務も、国による奨励もない季節性インフルよりは高く、努力義務を課す定期接種(1類)などよりは低い水準が妥当とした。

 一家の生計を支える人が予防接種が原因で死亡した場合、現行制度では、季節性インフルで約2300万円、定期接種では約4200万円が遺族に支払われる。
(2010年2月9日読売新聞より引用・一部改編)

 新型インフルエンザ予防接種で死亡すると、2300万円から4200万円の間の金額が遺族に支払われることになるということです。

 めったに起こらない事象に対し、想像以上に少ない金額の支払いだと思いませんか?

スポンサーサイト
[ 2010/02/14 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/737-11078d11










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。