TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

千葉県の予防接種ミス事例 

新型インフル 予防接種ミス相次ぐ
 新型インフルエンザの予防接種で、同じ注射器を複数回使用してしまうなどのミスが相次いでいる。県疾病対策課感染症対策室は、各地の保健所を通じて医療機関に接種時の安全確保の徹底を指導している。

 同室によると、昨年12月8日、勝浦市夷隅郡医師会がいすみ市内で実施した未就学児の集団予防接種で、担当の医師が妹に使った注射器を、その後に接種した兄にも使用していた。注射器の使用は1回限りで廃棄しなければならない。医師は、ワクチンの液がないまま刺したのに気づき、あらためて新しい注射器で接種したという。

 このほか印旛郡内では、開業医が60代の成人への接種で麻疹・風疹の混合ワクチンを打っていた。また、浦安市内の開業医は小学校高学年の児童に対し、規定より多い量を注射していたという。

 いずれも体調への影響は出ていないが、同室は「基本的な確認を徹底していれば防げた」とみている。

 勝浦市夷隅郡医師会の斉藤正敏会長は「研修会を開催して再発防止に努めたい」という。いすみ市内では昨年4月に実施したポリオの定期予防接種で、スポイトに入れた1人分のワクチンが未使用だったミスも起きている。担当の医師が接種済みの空のスポイトを誤って使ってしまった可能性が高いという。
(2010年2月12日朝日新聞より引用・一部改編)

 これらの予防接種ミスは、極めて稀なケースであり、「相次いでいる」というのは誇張表現だと思います。

 ミスは一定の確率で必ず起こるものであり、その実数は予防接種の機会(母数)が増えれば当然増えるものです。

スポンサーサイト
[ 2010/02/15 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/738-b40e96ce










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。