TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

余った新型ワクチン買い取り要望 

在庫の新型ワクチン買い取り要望 大阪府保険医協会
 大阪府内の開業医らでつくる大阪府保険医協会は1日、新型インフルエンザワクチンの在庫を買い取るよう厚生労働省に要望書を送った。

 要望書は、厚労省の接種計画を忠実に守った結果、余剰在庫が生まれたと指摘。「優先順位絞り込みなどで混乱し、ワクチンが実際に納入された段階では、既に接種が必要な時期を逸していた」と同省の対応を批判した。

 保険医協会によると、未開封のワクチンの使用期限は約1年で、「メーカーに返品できないため、このままでは廃棄処分にするしかない」という。

 国立感染症研究所によると、新型インフルエンザの新たな感染者数は昨年11月にピークを迎え、その後は減少している。

 同省結核感染症課は「原則として買い取りは行っていない。要望書をよく読んで対応を検討したい」としている。
(2010年3月1日共同通信より引用・一部改編)

 今のままだと医療機関は新型インフルエンザワクチン在庫による赤字が発生してしまいますので、必死です。

スポンサーサイト
[ 2010/03/05 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/757-452cc839










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。