TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフルエンザ流行の第二波はないと断言できる国 

ロシアでインフルエンザ流行の第二波はない
 ロシアでインフルエンザ流行の第二波はない。連邦消費者権利保護・福祉監督局(ロスポトレブナドゾル)のゲンナジー・オニシチェンコ局長の発表を2月21日付でノーボスチ通信が伝えた。

 複数の医療関係者が、2月末から3月上旬にインフルエンザ流行の第二波が来ると予測していた。オニシチェンコ局長はインフルエンザ沈静化傾向と各連邦構成主体における感染予防対策に言及し、この予測を退けた。

 2009年末からロシアではインフルエンザおよび急性呼吸器疾患の発症者数が減少し続けている。2月8日~14日の1週間も減少傾向が続いた。ロシアの大部分の構成主体で発症者数が「流行入り」のレベルを下回っている。レベルを超えたのは、9都市と10の構成主体のみ。(2月18日付ロスポトレブナドゾル広報部リリース)。(2/21)
(2010年3月3日IBTimesより引用・一部改編)

 すごいぞロシア。

 国の局長が医療関係者の予測をぶった切り、「インフルエンザ流行の第二波はない」と断言してしまう。

 かたや日本。厚生労働省はいまだに第二波の可能性があるからワクチンを打ってくださいと泣きのお願いを繰り返し、それに対し関係者はもはや関心を示さない。

 ロシアのように国には逆らえない状況は怖いけど、発言がない国もなんか変です。

スポンサーサイト
[ 2010/03/07 00:00 ] 地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/759-f11c441c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。