TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

予防接種法5年以内に抜本改正へ 

予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官
 厚生労働省の足立信也政務官は3月3日、政策会議後の記者会見で、予防接種法の抜本的改正について「早ければ来年、遅くても5年以内」に実現する方針であることを明らかにした。

 3日の政策会議では、「予防接種法及び新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法の一部を改正する法律案」の概要について、足立政務官らが与党議員に説明した。出席した議員からは法案の内容のほか、肺炎球菌やHPV(ヒトパピローマウイルス)などの疾病を、予防接種法でどう位置付けるかなどについて質疑があったという。

 予防接種法について足立政務官は、厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会のメンバー全員が「抜本改正に非常に前向きだ」と述べた上で、「国民的な議論にどのくらいの時間が必要かが重要だが、(改正実現は)早ければ来年、遅くても5年以内」と話した。
(2010年3月3日キャリアブレインより引用・一部改編)

 予防接種法が改正に向かっているようです。

 しかし、出席した議員からの質問にあるように、肺炎球菌やHPV、Hibワクチンをどう扱うのかということは、今回の改正案では全く触れられていません。

 これらのワクチンはすべて輸入でまかなわれている点も、大きな阻害要因になっていることでしょう。

 残念ながら、予防接種法の抜本改正にはあと5年かかることは決定的ということです(5年たっても抜本改正されない可能性の方が高いかもしれません)

 でも、抜本改正されることに期待しましょう!
スポンサーサイト
[ 2010/03/08 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/760-a9928ef3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。