TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフル+季節性、同時接種 接種費用はどうなる? 

【新型インフル】来季は季節性と同時に接種 接種費用などで課題も
 来シーズンの新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は15日、新型と季節性2種類の3種混合ワクチンとする方針を明らかにした。従来の3種混合ワクチンから季節性のAソ連型ウイルスを外す。世界保健機関も同様の方針を推奨しており、来シーズンは1回のワクチン接種で新型と季節性に対応することが可能となる。

 新型のみの接種を希望する人は、今シーズン使われずに余った国産と輸入ワクチンが使える。

 インフルワクチンは例年、「Aソ連型」と「A香港型」、「B型」の3種類の季節性ウイルスを混合して作られている。ただ、1本のワクチンには3種類までしかウイルスが入れられないため、厚労省でどのウイルスを外すかを検討していた。Aソ連型は今シーズン、世界中でほとんど確認されていないため、外した場合のリスクが最も低いと判断した。

 ただし、65歳以上の場合、新型ワクチンと季節性ワクチンは予防接種法での規定が分かれており、接種費用や副作用が発生した場合の補償額が異なる。厚労省は「運用面での課題は今後検討して解消する」としている。
(2010年3月15日産経新聞より引用・一部改編)

 すべての大手新聞社がこのニュースを記事にしていますが、見出しで接種費用に触れていたのは産経新聞だけでした。

 接種費用は医療機関側、接種を受ける側、行政すべてにおいて気になるところです。

 新型インフルエンザを特別視している限り、面倒なことが増えます。

 私は新型インフルエンザの「新型」解除を強く望みます。それこそが問題をシンプルにする一歩になるはずです。

スポンサーサイト
[ 2010/03/17 00:00 ] ワクチン・タミフル | TB(0) | CM(1)

めんどくさいとか、もったいないとか、カネがかかるとか・・・ 保健所医師って、そういうのが仕事なんですか?
[ 2010/03/17 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/769-728a8a95










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。