TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高山義浩先生退職へ 

パンデミックに挑む:高山義浩さん=厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室室長補佐
 ◇新型インフル、教訓基に 現場と行政、連携目指す--高山義浩さん(39)

   <08年4月に厚生労働省に設置された新型インフルエンザ対策推進室メンバー10人の一人。現在の新型(H1N1型)の発生をはさみ、医療の危機管理、医療現場との情報共有に携わっている>

 大学卒業後、フリーライターとして世界40カ国以上で貧困と紛争をテーマに取材した。帰国して長野県の農村地域で感染症診療に携わっていたところ、インターネットに書いていた記事を見た厚労省の関係者から推進室へ誘われた。行動計画を完成させ、現場に周知して訓練しようとしていた矢先に新型インフルエンザが発生した。

 当初のメキシコからの情報では致死率10%だったが、成田での隔離治療で初めて毒性の低さを確認できた。反省は、国が、まん延期の宣言や運用指針の改定で、自治体の実情を踏まえたきめ細かい対応ができなかったことだ。

 感染症対策でも、新潟県中越地震(04年10月)での集落の力が参考になる。最後のとりでとなる国にもたれかかるのではなく、個人から家族、地域での対策が必要だ。

 4月からフリーライターに戻り、タイの農村部に住む。新型インフルエンザの発生時に1週間不眠不休で悪戦苦闘した経験を、行政と現場がかみ合う関係の構築に生かしたい。【聞き手・関東晋慈】
(2010年3月15日毎日新聞 より引用・一部改編)

 高山義浩先生はやはり新型インフルエンザ対策推進室を退職してしまいます。

 後任は決まっているのでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2010/03/18 00:00 ] 厚生労働省 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/773-5d176320










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。