TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

17%の消防で搬送混乱 

新型インフル搬送、17%の消防で混乱…消防庁調査
 新型インフルエンザの発生時、全国の803消防本部の17%に当たる136本部が、医療機関や保健所との事前調整が不十分で患者をスムーズに救急搬送できなかったことが、総務省消防庁の調査でわかった。

 同庁が1月に行った全国調査に、136本部が「搬送が円滑には実施できていない」などと回答。うち83本部が、理由として事前の調整不足で受け入れ先の医療機関選びが混乱したことを挙げた。兵庫県や北海道では、発熱外来に患者が殺到して医療機関が消防本部の緊急搬送に対応できないケースがあったという。

 調査ではまた、消防本部と保健所のどちらが緊急搬送を担当するかを事前に決めていたのは363本部(全体の45%)で、協議をしていない本部が352(44%)に上った。

 このほか、65本部が一時的にマスクなどの感染防止資材が不足。18本部が救急隊員全員にワクチンを接種できなかったとした。

 調査結果を受け、同庁は、各消防本部に保健所や医療機関との連携体制の再確認を求める方針だ。
(2010年3月17日京都新聞より引用・一部改編)


スポンサーサイト
[ 2010/03/23 00:00 ] 移送・搬送・隔離 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/775-b3dc9ec9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。