TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新潟県新型インフルエンザ発生対応訓練-想定に疑問- 

 新潟県新型インフルエンザ発生対応訓練が、平成20年3月27日(木) 午後3時から午後3時30分まで行われました。この日は新型インフルエンザ対策本部設置の泉田裕彦知事による模擬記者会見が行われました。
 平成20年3月29日(土) には午後1時から午後4時まで行われます。発生国から帰国した県民が新潟空港の検疫で新型患者と確認されたと想定し、救急搬送や対策本部会議などの本格的な訓練を行うとのことです。

 明日行われる訓練想定に対し、文句をつけるのもアレですが、言わずにはいられないので一言。
ア 全国
 フェーズ4A(国外で新型インフルエンザが確認、国内は未発生)が宣言され、発生国からの入国門戸は成田、関西、中部、福岡の「4大空港」に限定される。その時点で、国内での患者発生も予想される状況にあり、翌日に、国内における患者第1号が確認され、フェーズ4B(国内でも発生)に突入する。
イ 新潟県
 フェーズ4Bに突入した翌日、発生国(Z国)からB国P空港経由で帰国した県民が発症し、新潟空港の検疫で発見され、新型患者であることが判明する。さらに、同便を利用した接触者も発症する。
(以上、新潟県HPより引用)
 この想定のように、「新潟空港の検疫で発見され」ることは現状の体制ではまず不可能です。というのも、海外旅行に行ったことのある方はご存知だと思いますが、検疫は自己申告制で、すり抜けることは簡単です。パスポートチェックのように、全ての入国者に対し、医師が問診、診察、検査をする体制を整えたとしても(整えても潜伏期間だったらお手上げ)、日本第1号患者が検疫所で発見されることはないと私は断言します。新型インフルエンザは、初期封じ込めが不可能な疾患なのです。(そうでない疾患は新型インフルエンザではありません)
スポンサーサイト
[ 2008/03/28 21:04 ] 訓練フェーズ4B | TB(0) | CM(4)

やっと

最近まで、新潟県ホーム>健康・医療・衛生を探しても、新型インフルエンザに関するインフォメーションが見つからなかったのですが、訓練の新着情報から”高病原性鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ対策について”のページにリンクが貼られるようになって進歩です。作成日が2007年11月29日になっていて泣かせてくれます。未だに”感染症”のコーナーにメニューが無いのですが、原発事故の時の知事の指揮ぶりに感動したのでがんばって欲しい。
訓練内容がすぐに公開されるのはいいことだと思います。大阪府では2月に市町村を集めて訓練があったのですが3月の府議会でそういう訓練があったと報告されただけで何日に実施されたか、どの市町村が参加したのか、どんな内容だったのかが一切明らかにされません。アリバイ作りの為の訓練をこそこそやっている感じです。
新潟県の様に訓練があったら公表して、批判を仰いで欲しい。じっさいは訓練をしても公表しない都道府県も多いのでしょうか?
[ 2008/03/29 14:22 ] [ 編集 ]

たかぼーんさんへ

 都道府県レベルの訓練の場合、必ずプレス発表をしていると思います。ただ、それをマスコミが採用してくれるかどうかは分かりません。また、即座にHPで公表することは、手続き上困難な自治体もあります。意思決定系統で複数のステップを踏むのがその原因の一つです。
[ 2008/03/29 16:48 ] [ 編集 ]

みつかりました。

>必ずプレス発表をしていると思います。
先生、アドバイスいただきましてありがとうございました。2月7日実施という情報を市の担当から聞いていたので2月以降のプレス発表をさがしていたのですが、1月のプレス発表の中から見つかりました。(これですhttp://www.pref.osaka.jp/fumin/doc/houdou_siryou1_18101.pdf)。プレス発表が月毎にページが代わるので分かりませんでした。大阪府の担当の方には無茶苦茶なこと書いて申し訳なかったです。
[ 2008/03/29 23:14 ] [ 編集 ]

想定が/・

何度もコメント出して済みません。
大阪府の2月7日の訓練の想定を読んだのですが、その想定とは
A国B地方から2月6日に帰国した会社員が、2月7日に新型インフルエンザを発症したが、偶然にも2月6日にA国B地方で新型インフルエンザが発生したことが確認され、WHOはフェーズ4を宣言。
運よく2月7日のうちに患者は入院できたという想定です。
新型インフルエンザの致死率の想定は1%。
フェーズ4宣言直後に患者が見つかり、封じ込めに成功したという想定はデフォルトなのでしょうか?新潟県も同じ想定ですし。でも、WHOがフェーズ4を宣言してくれないとどちらもアウトですね。エピデミックの発生は避けられない様な気がします。
[ 2008/03/29 23:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/78-3eb27837










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。