TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラスターサーベイランス終了 

新型インフル監視体制を縮小 集団発生の観測休止
 厚生労働省は26日、新型の豚インフルエンザの集団発生の観測を当面休止すると発表した。すべての入院患者の報告を都道府県に求めることもやめ、重症者や死亡者に限るとした。流行が落ち着いている現状を踏まえて決めた。

 同日付で都道府県などに通知した。ウイルスの変化の調査や学校・学級閉鎖の報告、ワクチンの接種態勢は継続する。厚労省は「再流行が生じる可能性なども想定し、引き続き流行状況を注視して欲しい」と呼びかけている。

 一方、国立感染症研究所は最新の1週間(3月15~21日)に全国約5千の定点医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1医療機関あたり0.41人(前週0.51人)だったと発表した。全国的な流行期であることを示す「1人」を3週連続で割り込んだ。ほとんどが新型インフル患者とみられている。
(2010年3月27日朝日新聞より引用・一部改編)

 クラスターサーベイランスは、この1ヶ月以上ずっと「0」報告だったので、保健所の負担にはなっておらず、あってもなくても構わないのですが、終了しましたね。

 サーベイランスはコロコロ変えないことが最も大事で、継続することに意味があります。

 そういう観点で厚生労働省はサーベイランスを考え直し、この夏には永続的なサーベイランスを提言していただきたいです。

スポンサーサイト
[ 2010/03/30 00:00 ] サーベイランス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/785-bfd0d059










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。