TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

改めて検疫体制に批判 

新型インフル、検疫体制に批判…学会シンポ
 09年度、高速割引の影響大きく

 新型インフルエンザ対策について、日本感染症学会のシンポジウムが5日、京都市内で開かれ、参加した専門家の間からは検疫や医療体制の見直しや、国や都道府県の役割を明確にするよう求める声が相次いだ。

 シンポジウムでは、専門家6人が発表。神戸市立医療センターの林三千雄医師は、昨年5月に国内初の感染例が確認された神戸市の経験をもとに、「機内検疫などを実施している間、すり抜けによる国内感染例が相次ぎ、病院の専門窓口(発熱外来)は殺到した患者で診療が事実上破たん した」と報告。ウイルスの感染拡大防止策を強調した国の行動計画を批判した。

 政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会委員を務める岡部信彦・国立感染症研究所センター長も「国や都道府県の役割をもっと明確にすべきだ」と述べ、行政が施策を柔軟に変更できる仕組み作りが必要だと訴えた。

 庵原 俊昭・国立病院機構三重病院院長は政府のワクチン備蓄方針を支持。ワクチンは国産・輸入含めて大量に余っているが、「今年も9月ごろに流行を迎えたら、次に作るワクチンだけでは間に合わない」と述べた。  国内感染者の死亡率が低かった点について、学級閉鎖や休校を評価する声が国内外で上がっている。しかし、菅谷憲夫・けいゆう病院小児科部長は「タミフルなど薬による早期治療が奏功しただけだ」と、医療環境の良さを指摘した。
(2010年4月5日読売新聞より引用・一部改編)

スポンサーサイト
[ 2010/04/11 00:00 ] 移送・搬送・隔離 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/793-b4cf6c25










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。