TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型は弱毒 

インフル死は推計200人 史上3番目の低水準で「新型は弱毒」裏付け
 インフルエンザの流行によって増加した死者数を推計する「超過死亡」が、新型が流行した今シーズンは約200人に留まり、昭和62年の調査開始以来3番目に低い水準だったことが26日、国立感染症研究所の調べで分かった。例年は1万人程度で推移しており、弱毒性といわれた今回の新型インフルの毒性が、季節性インフルよりも低かったことが裏付けられた。

 超過死亡は、インフルが流行しなかったと仮定した場合の死者数と、流行時の実際の死者数を比較することでインフルによる死者を推計する手法。インフル感染者は毎年1千万人近くに上り、すべての死亡例を調べることが困難なため、毎年この手法で死者数を推計している。

 この手法で推計すると、今シーズンの超過死亡は約200人だった。例年の超過死亡は1万人程度で、インフルが大流行した平成10~11年のシーズンでは3万5千人を超えていた。
(2010年4月26日産経新聞より引用・一部改編)

 やっぱりね…という結果です。

スポンサーサイト
[ 2010/04/28 00:00 ] 季節性インフルエンザ | TB(0) | CM(1)

1.超過死亡の概念は非常にデリケートなもので、それなりの疫学の知識が必要です。知識のない読者を対象に知識のない新聞記者が超過死亡の多い少ないを論じていること自体に無理があります。年間200人と3万5千人という推計値の違いが桁違いで出ていることに「なんか変だな」と感じるはずですが、その理由が説明できない人は超過死亡を引用すべきではありません。

2.感染症のインパクトを単に死亡数で評価したり、いわんや弱毒/強毒と論じるべきではありません。また、同じ死亡者数でも200人が子供なのか、あるいは後期高齢者なのかでも社会的インパクトは異なります。もちろん、感染者数(母数)が少なければ、同じ死亡数でもインパクトは大きいと考えるべきです。

3.管理人さんも公衆衛生医なのですから、「やっぱりね…」で終わらせず、できればプロらしい論評をお願いしたいと思います。
[ 2010/05/01 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/803-a1a6aca1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。