TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パンデミック終息期 

新型インフル 大流行終結へ…WHO10日緊急委
 【8月11日 AFP】世界保健機関(World Health Organization、WHO)のWHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は10日、ジュネーブ(Geneva)からの電話会見で、新型インフルエンザA型(H1N1)の世界的大流行(パンデミック)は終息期に入ったと述べた。

「世界はパンデミックのフェーズ6の段階を終え、パンデミックのピーク後の段階に向かっている」(チャン事務局長)

 WHOのインフルエンザ担当責任者、ケイジ・フクダ(Keiji Fukuda)氏も、このインフルエンザウイルスが今後数か国で流行したとしても、新たなパンデミックを起こすほどの力はないと考えられていると説明した。

■NZでは大規模発生続く

 ニュージーランド保健当局は11日、同国ではまだ新型インフルエンザの大規模な発生が続いていると述べた。

 ニュージーランド公衆衛生当局の副責任者、ダレン・ハント(Darren Hunt)氏は「H1N1ウイルスが減少したり、他の型のウイルスにとって代わられた国もあるが、ニュージーランドは違う」と語った。

 ことしに入ってからもニュージーランドでは、新型インフルエンザA型が原因とみられる死者が4人出ている。また、これまでに300人以上がH1N1感染で入院し、そのうち30人以上が集中治療を受けたという。

 WHOによれば、2009年4月にメキシコで最初に確認されたH1N1は214の国と地域に広がり、これまでに全世界で1万8449人が死亡した。(c)AFP
(2010年8月11日AFPBB Newsより引用・一部改編)

 やっと「ポスト・パンデミック期」です。


スポンサーサイト
[ 2010/08/23 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/805-ef5f4f84










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。