TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

排便後の手洗いを徹底しても服やベルトに菌・ウイルスは付着する 

感染性胃腸炎や腸管出血性大腸炎の接触感染防止策として、手洗いの徹底が重要なのは間違いないです。

しかし、排便から徹底的な手洗いに至るまでの過程を検証してみました。

1.排便終了
2.お尻をトイレットペーパーで拭く(この際、下痢便度が高い程、手に菌・ウイルスが付着する)
3.パンツを穿く(パンツに菌・ウイルスが付着する)
4.ズボン、スカートを穿く(ズボン、スカートに菌・ウイルスが付着する)
5.ベルトを締める(ベルトに菌・ウイルスが付着する)
6.個室のドアを開ける(ドアの取っ手に菌・ウイルスが付着する)
7.手洗い場まで歩き、手を洗う(センサー式でない場合は、つまみに菌・ウイルスが付着する)
8.徹底的な手洗いを行う


このように、教科書通りに徹底的な手洗いを排便後に実施しても、パンツ、ズボン、スカート、ベルトに菌・ウイルスが付着してしまうのです!

このズボン、スカート、ベルトから、更なる接触感染の可能性は残っています。

従って、この可能性を排除するためには、温水洗浄便座(ウォシュレット)式の便座の普及を図るしかないと思われます。
もしくは、排便後、お尻を拭いた後に携帯式アルコール手指消毒剤で手を洗った後にパンツをはく?(でもノロウイルスには無効)

「ウォシュレット症候群」という言葉もあるそうで。

100%の徹底は難しく、今後も感染性胃腸炎や腸管出血性大腸炎の集団感染事例は忘れたころに発生することでしょう…
スポンサーサイト
[ 2012/01/13 19:43 ] 感染性胃腸炎 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/814-24bf196c


まとめtyaiました【排便後の手洗いを徹底しても服やベルトに菌・ウイルスは付着する】

感染性胃腸炎や腸管出血性大腸炎の接触感染防止策として、手洗いの徹底が重要なのは間違いないです。しかし、排便から徹底的な手洗いに至るまでの過程を検証してみました。1.排便終了2.お尻をトイレットペーパーで拭く(この際、下痢便度が高い程、手に菌・ウイルスが...
[2012/05/02 12:31] URL まとめwoネタ速neo








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。