TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ:神戸市、全庁挙げて対応 部署ごとに具体策 /兵庫 

 神戸市は、強い感染力が懸念される新型インフルエンザ対策で、警戒レベルの段階に応じて、区役所や局・室など全庁的に対応する「市新型インフルエンザ対策実施計画」をまとめた。国や県の行動計画を基に、全部署での対応策を決めたのは初めて。市危機管理室は「いつ流行するのか分からないので、全庁で即応できるよう明示した」としている。【内田幸一】

 03年末以降、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)の人への感染がアジアを中心に拡大。ウイルスの変異によって「人から人へ」の感染力が強い新型インフルエンザが出現する可能性が指摘されている。

 市保健福祉局が06年に策定した「新型インフルエンザ対策実施計画」では、新型インフルエンザ流行による被害想定は、市内では約3万6000人が入院し、1800人が死亡するとされている。市ではこれまで、保健所を中心とした対応だったため、被害想定の規模から全庁的な取り組みが必要になっていた。

 今回まとめた実施計画では、各区役所や局・室ごとに流行の警報フェーズ(段階)に応じた対策を項目で示した。市民への啓発や集客施設の休業、職員の予防・防護策をはじめ、交通局では患者が乗っていた車両の緊急消毒、産業振興局では大規模事業所の欠勤状況調査など、具体的な取り組みをまとめた。

 また、国による警報フェーズが人から人への段階になった場合、従来の災害対策本部ではなく、国外発生なら各局・室の課長らからなる「市健康危機管理対策連絡会議」、国内発生なら市長を本部長とする「市新型インフルエンザ対策本部員会議」を設ける。 〔神戸版〕
毎日新聞 2008年2月27日

神戸市…今頃行動計画ですか。遅いですね。神戸市民、行政の監視が甘いのではないでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2008/02/29 21:22 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/9-645964cc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。