TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

e防人-1年間以上放置されているHPー 

 先日、e防人というホームページを見つけました。以下引用。
esakimori.jpg

 防人は日本の奈良時代から平安時代にかけて行われた国を守る制度であり、特に九州地区に関東から徴兵された人々が配置されました。万葉集における防人の歌は有名です。
 今回、九州をアジアとの防疫の拠点であることを強調し、新型感染症に対して、インターネットを活用し、医療分野の連携を深め、日本社会に対して重要な情報を発信したいとの思いから、このサイト名をe防人としました。

このホームページは、文部科学省 平成17年度科学研究費補助金(萌芽研究)によって運用されています。
ホームページ責任者 : 九州大学大学院 医学研究院 細菌学分野 藤井 潤
ホームページ作成協力: 株式会社 NSソリューションズ西日本

 一瞬、利用価値の高いホームページかなという期待を抱きましたが、残念ながら2007年3月31日の更新が最後となっていました。

もしかしたら、平成17年度科学研究費補助金が打ち切られて、運営ができない状況なのかもしれません。もしかしたら今後更新されるのかもしれませんが、1年間放置されているHPから、最新情報を得ようというのは無理なので、もはや永久に更新されない可能性が高そうです。

 ここ数年は、当blog4月6日記事に記載したように、国民の意識が上昇しつつある時期なので、 「新型インフルエンザ対策」という名前を研究費や予算などに記載すると、財政当局が「それは重要だ」ということで、優先順位が高くなり、採用される可能性が高くなるという実情です。

 このe防人が九州大学、そして日本全体で利用価値の高いHPとして引き継がれることを切に願います。

スポンサーサイト
[ 2008/04/19 00:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/91-6e092352










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。