TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北京オリンピックをパンデミック時に延期・中止する勇気が中国政府にあるか(2) 

Flag_of_China.jpg  中国政府は、8日に英医学誌で報告された中国での高病原性鳥インフルエンザA( H5N1)のヒトからヒトへの感染例を認めない方針を明らかにした。国営新華社( Xinhua)通信が11日に報じた。

 報告されたのは鳥インフルエンザで死亡した24歳の男性の例で、「ランセット( The Lancet)」誌によると、亡くなる前に父親に感染させたとされる。これまでの 感染例は鳥からヒトが大半だが、この調査によりウイルス感染経路が広まる可能性 が懸念されていた。

 これについて中国衛生省の広報は、「ヒト間で鳥インフルエンザウイルスが伝染 する証拠は、これまでに国内で確認されていない」とし、感染例には明確な証拠が ないとして否定した。 (2008年4月13日 AFP記事より引用・改変)
 家族間のH5N1インフルエンザ感染例はこれまでに中国以外でも確認されており、 ヒト→ヒト感染と認められていないので、中国政府の対応が一概に誤っているとい うわけではありません。しかし、前回の記事にも示したとおり、もしこれが家族間 以外での感染例であった場合を考えるとぞっとします。

 中国…大丈夫でしょうか???

スポンサーサイト
[ 2008/04/15 00:00 ] 海外へ行く時 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/97-418d171e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。