TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレパンデミックワクチンの研究的接種が決定 

 舛添要一厚生労働相は15日、新型インフルエンザ対策として、鳥インフルエン ザ(H5N1型)ウイルスから作ったワクチンを今年度、臨床研究として約600 0人に接種し、有用性が確認されれば1000万人に事前接種する方針を明らかに した。政府はこれまで、新型インフルエンザ出現後にワクチン接種を始める計画だ ったが、それを前倒しし、世界で最初の事前接種に踏み切ることになる。16日に 開かれる専門家会議に実施を諮る。

 鳥インフルエンザ由来のワクチンは「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」 と呼ばれ、新型インフルエンザに確実に効く保証はないが、新たなワクチンが製造 されるまでの感染拡大予防の効果が期待される。政府は2000万人分の原液備蓄 を、メーカーに指示している。

 臨床研究の協力者は、税関、検疫所、出入国管理局など水際対策に従事する職員 と、感染症指定医療機関の職員から募る。臨床研究は1年程度かかる見込みで、1 000万人への接種は来年度以降。事前接種の対象は政府の行動計画などで、医療 従事者とライフラインや通信、交通などの「社会機能維持者」と定めており、具体 的な人選を今後進める。ワクチンは半年程度で効果が薄れるため、時期については 検討が必要という。

 新型インフルエンザに備えた製剤には(1)プレパンデミックワクチン(2)ワ クチン(3)抗インフルエンザ薬(タミフルなど)の3種類がある。政府はこれま で、海外で新型が発生した時点で(1)を事前接種、(3)を患者との接触者に予 防投与し、生産でき次第(2)を全国民に接種する計画を立てていたが、投与や接 種の優先順位は明確になっていない。

 また厚労省は、プレパンデミックワクチンの備蓄を3000万人分に増やすこと などを専門家会議に提案する。 (2008年4月15日毎日jpより引用・改変)
 このニュース、かなり画期的です。最初、6000人という数字が出た時、極端に少ない数だと思ったのですが、その後、臨床研究として最初に接種する人数ということが分かり、納得しました。

 税関、検疫所、出入国管理局、感染症指定医療機関の職員で希望者が6000人に満たなかったというオチは避けて欲しいところです(接種する=発生時に対応するという約束だから)。

 1000万人への接種の際には、私にも接種の依頼文などが届くのかもしれませんので、それまでこのブログが続いていたら、報告したいと思います。

 なお、プレパンデミックワクチンの接種は画期的なことですが、新型インフルエンザ対策の基本は「手洗い・うがい・マスクの着用」ですので、そのことだけは忘れないでもらいたいものです。

 
スポンサーサイト
[ 2008/04/16 00:00 ] 国・国会・内閣官房 | TB(0) | CM(2)

The Pandemic Vaccine Puzzle
Center for Infectious Disease Research & Policy, Univ. Minnesota

(プレ-)パンデミックワクチンの産生法、投与法、アジュバンドの効果などについて分かりやすく解説されています。ワクチン生産だけでなく注射器やバイアルの製造も予防接種の律速段階になりうること (Part 2)、豚インフルエンザワクチンでギランバレー症候群が多発したトラウマがアメリカがH5N1の予防接種に対して積極的になりきれない一因であること (Part 5)、などいろいろ勉強になりました。日本語サイトでこの記事を紹介したものはまだないようなのでリンクを貼っておきます。

http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/influenza/biz-plan/news/nov1507panvax.html

Part 1: Flu research: a legacy of neglect
Part 2: Vaccine production capacity falls far short
Part 3: H5N1 poses major immunologic challenges
Part 4: The promise and problems of adjuvants
Part 5: What role for prepandemic vaccination?
Part 6: Looking to novel vaccine technologies
Part 7: Time for a vaccine 'Manhattan Project'?
Bibliography
[ 2008/04/16 17:40 ] [ 編集 ]

4/15の大臣の記者会見
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2008/04/k0415.html

4/16の専門家会議の内容予告(前日の夜掲載)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/04/s0416-3.html
[ 2008/04/16 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/tb.php/98-58119e69










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。