TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インフルエンザ発生時保健所業務継続計画(BCP)モデル(素案)への意見募集 

平成20 年11 月27 日
各保健所長 様
平成20 年度地域保健総合推進事業
新型インフルエンザ対策研究班(通称)
班長: 山口亮(北海道江別保健所長)

「新型インフルエンザ発生時保健所業務継続計画(BCP)モデル(素案)」への 意見募集について

 当研究班では新型インフルエンザに関する保健所の対策について調査研究を進めているところです。
 このたびその一つとして、新型インフルエンザが発生した場合、保健所がどのようにして業務を継 続するのかを定める業務継続計画(BCP)のモデル(素案)を作成しました。
 まだまだ不十分な内容であり、今後、追加や修正等を行うことにしていますが、現段階でご覧いた だき、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
 なお、お忙しいところ申し訳ありませんが、ご意見は、下記の項目をご記入の上、メールにて12 月19 日(金)までにお送りください。
 おって、いただきました個々のご意見にお答えできない場合もありますので、あらかじめご承知く ださい。



■ご意見をお寄せいただく際の項目
●所属
●お名前
●電話番号
●メールアドレス
●ご意見の場所及び内容
■ご意見の送付先
長野県佐久保健所 小林 良清
メールアドレス:kobayashi-yoshikiyo@pref.nagano.jp

全国保健所長会のHPに「新型インフルエンザ発生時保健所業務継続計画(BCP)モデル(素案)」への 意見募集について告知があります。一般の方も意見を出してよいと思います。

[ 2008/12/04 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

東京都が新型インフルエンザ対策の防護服50万セット購入承認 

 東京都議会厚生委員会は2008年10月2日、新型インフルエンザの発生に備え、東京都が防護服50万セットやゴーグル、マスクを約6億2400万円で購入する契約案を承認した。採決に先立っては、実際に防護服を着た職員2人が登場した。

 購入するのは医療機関や保健所の職員用。使い捨てだが1日に数組使っても7カ月間対応できるという。ここまでの重装備は必要ないという指摘もあるが、「患者と密に接するので危険が高い。あらゆるリスクに備える」という。

 委員会では抗インフルエンザ薬2種類計300万人分を約84億円で購入する補正予算案も可決した。
(2008年10月3日asahi.comより引用・改編)
bougohukutokyo.jpg
 防護服50万セット、抗インフルエンザ薬2種類計300万人分とはスケールが大きくて想像を絶します。

[ 2008/10/11 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

鳥取県が10病院に防護用品を備える 

 新型インフルエンザ患者の大量発生に備え、鳥取県は医療従事者への感染を防ぐための防護ガウンやマスクなどを県内の主要10病院に配備することを決め、購入費1632万円を今年度一般会計補正予算案に盛り込んだ。

 患者用のマスク2万個のほか、医師や看護師用の防護ガウン、帽子、排気弁付きマスクなどを各9600個、プラスチック手袋16万組を購入する。

 鳥取県健康政策課によると、県内の感染症専門の病床は、県立中央(鳥取市)、県立厚生(倉吉市)、済生会境港総合(境港市)の3病院に計12床あり、いずれも防護用品を備えている。

 しかし、多くの感染患者が発生すると3病院で対応できない事態が予想されるため、大量の防護用品をほかの病院にも準備することにした。

 日本で新型インフルエンザが流行すると、県内では、最悪の場合、15万2500人が感染、3230~1万2200人が入院し、810~3050人が死亡すると予測している。
(2008年9月12日 読売新聞より引用・改編)

[ 2008/09/13 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

裕福地方自治体の浦安市が新型インフルエンザ対策感染防止機材を独自調達 

 千葉県浦安市(松崎秀樹市長・人口約16万人)は2008年8月25日、新型インフルエンザに対する部局横断の「タスクフォース」(プロジェクトチーム)を編成し、消防や介護施設などで使う感染防止機器などの購入など独自の対策を進めると発表しました。

 浦安市は東京ディズニーリゾートを抱えているため、非常に財政状態が裕福な自治体です。2002年から、東京ディズニーランドのショーベースで成人式を開催していることは有名です。こんな贅沢な成人式は裕福な自治体でないと絶対にできません。

 国内外の観光客の出入りが多く、「日本で最初の発生地となる可能性もある」として独自策を検討し、7月に危機管理監を中心とした数人のタスクフォースを編成し、応急対処計画を策定しました。

 計画では大流行した場合、市の人口約16万人のうち罹患者数は4万人と算定。そのうち2%に当たる800人が死亡すると推計しています。

 対策として、今年度当初予算に310万円を計上し、救急隊員や医療従事者の安全確保のために、国推奨のマスク3万5000枚、手袋5万枚、ガウン1000枚などを既に購入しました。

 さらに補正予算1631万円で、介護施設向けのマスク10万枚、救急隊員用の感染防止セット2560組の購入を予定。市民への啓発パンフレットの配布準備なども進めています。

 格差社会はこんなところにも如実に表れています。

 
[ 2008/08/29 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(0)

パブリックコメントとは? 

 国・都道府県・市区町村が新型インフルエンザ対策行動計画を決定する際に、必ずパブリックコメントを求める手続きを踏んでいると思います。

 パブリックコメントとは、直訳すれば国民・住民・市民など「公衆の意見」です。特に「パブリックコメント手続」における意見公募に対し寄せられた意見を指します。日本では、意見公募の手続そのものを指す言葉としても用いられ、「パブコメ」と略されることも多いです。

 パブリックコメント手続とは、行政が政策、制度等を決定する際に、公衆(国民、都道府県民、市区町村民など)の意見を聞いて、それを考慮しながら最終決定を行う仕組みのことです。

 その目的としては、大きく次の2点があるとされます。

1.行政の意思決定過程の公正を確保し、透明性の向上を図ること。
2.国民・事業者等(外国も含む)の多様な意見・情報を把握するとともに、それらを考慮して意思決定を行うこと。
 この手続に関して留意すべき点のひとつが、同手続は、公示される案への賛否を投票するようなものではないことである。つまり、たとえ、同様の内容で多数の意見提出がなされたとしても、その数の多さ自体が、行政の意思決定における考慮要素になるとは限らなりませんし、例えひとつの意見提出しかなくても、その意見の内容自体が、行政の意思決定における考慮要素にならないとは限らないのです。

 このパブリックコメント募集については、地方自治体なら広報誌に掲載されていますし、ホームページでも告知されていますが、ほとんどの国民はその手続きすら知らずに過ごしているでしょう。

 参考までに、国のパブリックコメントのホームページを紹介しておきます。
パブリックコメント・意見募集案内(「電子政府の総合窓口」へリンク)
パブリックコメント・結果公表案件(「電子政府の総合窓口」へリンク)

 パブリックコメントは簡単に言えば 「行政が勝手に決めちゃダメ。国民や関連団体・企業の声も聞きましょう。」 という手続きです。基本的には規制緩和や撤廃のために用意されたしくみで、行政機関による規制をできるだけ少なくすることを目的としています。
 ただしパブリックコメントを実施するための法律はなく、平成11年の閣議決定によって行政府や地方自治体が実施しています。法律がないこともあって、パブリックコメントにはグレーな部分もあります。たとえばパブリックコメントを集めた後の意思決定には制約がありません。「参考になる意見がなかった。」として、何の変更もなしに通ることもあるわけです。

 ですのでパブリックコメントは多数決ではありません。あくまで意見を聞いて、それに対する行政機関の考え方を公表し、最終的な意思決定の参考にするというものです。パブリックコメントの結果を見てみるとわかりますが、寄せられたコメントに対して、行政機関が返答する形で公表される場合が多くなっています。
 それでは反対意見があったとしても無意味では?と思うかもしれませんが、決して無力ではありません。反対意見なり修正点なりのコメントが多く寄せられれば、その結果は件数も含めて公開されます。
 それだけの問題点があるのに、修正しないまま通すわけには行きませんから、何らかの変更を余儀なくされるでしょう。実際にパブリックコメントによって変更になった事例もあります。

 参考までに、 「新型インフルエンザに関するガイドライン(フェーズ4以降)(案)」に対する意見募集の結果について医療部門を紹介しておきます。

 意見をきちんと出すことが重要で、手をこまねいて見ていては何も変わりません。ぜひとも皆さんの意見を、国及び自治体にぶつけてください。

[ 2008/08/23 00:00 ] 行政の会議・計画 | TB(0) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。