TOP PAGE 210万人死亡イメージ 木村盛世等
新型インフルエンザで重症者や死者が多い理由を図解する
番外編 新型フル患者分布地図 国立感染症研究







1918年の新型インフルエンザウイルス罹患患者の収容の様子…こんなことにはならないのでご安心ください

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国内修学旅行インフルエンザキャンセル費用保険 

「国内修学旅行インフルエンザキャンセル費用保険」取扱い開始のお知らせ
 トップツアー株式会社(本社:東京都目黒区、社長:石川邦大)は、児童または生徒のインフルエンザ感染により、学校(※1)が実施する修学旅行が中止、または延期をせざるを得なくなった場合に発生する、旅行取消料等の一定割合が補償される【国内旅行修学旅行インフルエンザキャンセル費用保険】の取扱いを開始いたしましたのでお知らせいたします。

昨年、新型インフルエンザ感染拡大により、修学旅行の中止・延期が全国に広まった際、旅行取消料の発生する期間に入ってからの取消・延期等により、旅行代金の取消料が生じ、お客様の費用負担が問題となりましたが、これまで国内旅行においては、こういった事態に備え取消料を担保する保険はありませんでした。
当社はこのような状況を受け、学校や保護者の皆様のご意見をうかがい、負担を少しでも軽減させるため、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、社長:隅 修三)に対し商品開発を依頼しておりましたが、このほどこれまでに無い新しい保険商品として「国内修学旅行インフルエンザキャンセル費用保険」の取扱い開始に至ったものです。商品の概要は下記のとおりです。

1. 対象となる旅行
 修学旅行など、日本国内の学校(※1)が学校行事として実施し、学年またはそれ以上の単位で生徒を参加させる、学校の教職員が引率する国内の旅行が対象となります。

※1学校教育法に定める小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校
 (ただし、幼稚部は除く)。

2. 保険契約者および被保険者(補償を受けられる方)
 学校教育法に規定する学校のうち、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校(ただし、幼稚部は除く)

3. 保険の仕組み
 旅行を実施する学校の児童または生徒にインフルエンザ(新型・季節性を問わず)感染者が発生したことにより、感染の拡大を防ぐため、旅行を実施する学年の学年閉鎖または学校閉鎖を実施し、学校の設置者が旅行の中止または延期を余儀なくなくされた場合に旅行取消料等の50%を保険金として支払うものです。

4. 販売開始と保険申込受付期間
 平成22年3月1日以降出発する修学旅行から販売開始します。
 以降保険申込の受付期間は旅行出発予定日の60日前から41日前までとなります。

5.引受け保険会社
  東京海上日動火災保険株式会社 

※尚、当社が東京海上日動火災保険株式会社の取扱代理店として募集致します。
 その他詳細につきましては弊社営業担当者にお問合せください。

[関連リンクURL]
http://www.toptour.co.jp/

 この保険、時すでに遅し、といった感は否めないと思います。

[ 2010/01/29 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

流行語大賞 

2009年12月1日ユーキャン新語流行語大賞 審査委員会は今年の新語流行語大賞のトップテンおよび大賞を発表いたしました。

トップテン
年間大賞
◆政権交代
内閣総理大臣 鳩山 由紀夫
トップテン
◆こども店長
俳優 加藤 清史
トップテン
◆事業仕分け

行政刷新会議と事業仕分け作業チーム

トップテン
◆新型インフルエンザ
受賞者厚生労働医系技官 木村 盛世
トップテン
◆草食男子
タレント 小池 徹平
コラムニスト 深澤 真紀
トップテン
◆脱官僚
衆議院議員 渡辺 喜美
トップテン
◆派遣切り
派遣ユニオン書記長 関根 秀一郎
トップテン
◆ファストファッション
タレント 益若 つばさ
トップテン
◆ぼやき
元楽天監督 野村 克也
トップテン
◆歴女(レキジョ)
女優


http://singo.jiyu.co.jp/

 いや~、びっくりしました。

 新型インフルエンザの受賞者。

 木村盛世氏です。ブログにもその記載があります。
http://www.kimuramoriyo.com/

 どういういきさつで、木村盛世氏に受賞者として白羽の矢が立ったのかを知りたいです。ブログに書いてくれれば嬉しいです。

 なお、足立信也厚生労働政務官は1日の厚労政務三役会議後の会見で、受賞者は「上田(博三)健康局長だと思うが…」と首をひねったらしいです。

[ 2009/12/02 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(4)

価格.com 新型インフルエンザ対策状況調査 

カカクコム、「新型インフルエンザ対策状況調査」結果を発表

第35回価格.comリサーチ『新型インフルエンザ対策状況調査』結果

新型インフルエンザ対策、積極的なのは温暖な九州地方!?
全体では「うがい」「手洗い」が約8割、4人に1人は予防に「お金使わない」
一方で、ウイルス対策機能付きの「空気清浄機」が人気急上昇

 株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com(http://kakaku.com/)」が実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第35回調査『新型インフルエンザ対策状況調査』から、結果を一部抜粋の上、ご案内します。今年2009年冬は、新型インフルエンザの世界的な流行が懸念されています。そんな中、一般の方々が、新型インフルエンザの予防にどの程度力を入れているのか、空気清浄機や加湿器などの購入状況なども合わせて調査しました。

※このアンケート内での「新型インフルエンザ」は、「H1N1型」を想定しております。
 詳細結果:http://kakaku.com/research/backnumber035.html

新型インフルエンザ対策:多くの人が流行に備える
「うがい」「手洗い」約80%、「マスクの着用・買いだめ」約50%

 新型インフルエンザの流行に対して今行っている、または今後行う予定の対策として多かったのは、「うがい」「手洗い」でいずれも8割近い。手軽な予防方法として、広く認知されている様子がうかがえる。「マスクの着用・ストック」も5割に達しており、かなり多くの人がすでにマスクの着用や買いだめなどを行って、流行に備えていることがわかった。
 なお、家電製品関連で見ると、「空気清浄機の設置」や「加湿器の設置」も2割を超える人が行っている、または行う、と回答しており、こちらも思ったよりも高い数値を出した。ワクチンが不足しているという問題はあるものの「ワクチン接種」という回答が17.8%となったことは、インフルエンザ対策としてはかなり高い割合になっているといえるだろう。
(2009年11月13日nikkei netより引用・一部改編)

 価格.comには家電を購入する時に大変お世話になっておりますが、さすが家電を扱うHP、「空気清浄機の設置」や「加湿器の設置」など、売り上げにつながる項目に関する質問がふんだんに盛り込まれています。

[ 2009/11/21 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

プロ野球の新型インフルエンザ対策 

インフル対策で特例措置=プロ野球実行委
 プロ野球の実行委員会が8日、東京都内で開かれ、インフルエンザに対する特例措置として、今季の残り試合で、出場選手の再登録までに必要な10日間の制限を撤廃することを決めた。
 9日以降のセ、パ両リーグのレギュラーシーズンとクライマックスシリーズの期間中、インフルエンザのため出場登録を抹消された場合は、症状が回復すれば登録できることになる。インフルエンザが新型かどうかを問わず、診断書を添付すれば認められる。
 また、日本シリーズの出場資格は従来、支配下選手の40人以内に限定されているが、今回は制限をなくし、支配下選手すべてに出場資格を与えることになった。(2009/10/08-21:21)
(2009年10月8日時事通信より引用・一部改編)
プロ野球実行委員会とは?

セ・パ両リーグ会長、12球団の代表の計14人によって構成される球界の立法機関。議長を持ち回りとし、コミッショナーの選任、フランチャイズの変更、球団の身売りや、野球協約の改正などを審議する。重要事項の承認には、オーナー会議の賛成が必要。
(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」 より引用)

 もうすぐ日本プロ野球では、セリーグではジャイアンツ、ドラゴンズ、スワローズ、パリーグではファイターズ、ゴールデンイーグルス、ホークスが参加するクライマックスシリーズと、日本シリーズが始まりますが、主力選手が制度のせいで長期間休むことにより、観客の興味を損なうことを防ぐためにも、よいことだと思います。

[ 2009/10/13 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)

空気清浄機の「新型インフル抑制効果」に関する記事 

空気清浄機が招く誤解、「新型インフル抑制効果」にご注意!
(前略)

 ところで、空気清浄機を購入する際に留意しておかなくてはならないことがある。

 各社が発表しているウイルスの抑制効果は、限られた環境での実験結果であるという点だ。例えば6畳間などと比べると極めて狭い環境での実証という場合もある。空気清浄機に搭載されている部品(デバイス)そのものや技術そのもので検証し、空気清浄機として検証したものではない場合もある。仮に、新型インフルエンザウイルスに100%、99.9%の抑制効果を唱っていても、「空気清浄機を買ったから新型インフルエンザにはかからない」というのとは同義語にならないことを踏まえておくべきだ。

 実際に業界は、販売に慎重だ。市場での人気ぶりに「抑制効果の話題だけが先行し、誤解されているのではないか」との懸念からだ。

 販売店は店頭の展示や販促物で、新型インフルエンザの抑制効果を唱わないようにしているという。加えて「新型インフルエンザの抑制効果が実証された部品を搭載した空気清浄機を導入したからといって、うがいや手洗いは続けてほしい」と説明する徹底ぶりだ。利用者側に過剰な安心感を与え、「空気清浄機を買ったから新型インフルエンザにはかからない」という誤解を招く恐れがあるからだ。

 メーカーも抑制効果を示す一方で、“絶対”ではないことを明記して消費者に配慮する。「本製品は、ウイルス等を抑制する機能はありますが、これにより無菌状態をつくりだすものではなく、感染予防を保証するものではありません」「実際の浄化効果は、お部屋の状態や使用状況によって異なります」といった表記をカタログに掲載しているのだ。

 空気清浄機があった方がよいのは事実。感染は完全に防げないとしても、今後も買い求める消費者は増えるだろう。家電業界にとっては製品拡販の絶好の機会だが、抑制効果だけが一人歩きすると、消費者とのトラブルにもなりかねない。実験の基準をさらに分かりやすく公表するなどの対策も必要だろう。
(2009年9月28日日経トレンディネットより引用・一部改編)

 空気清浄機の販売の現状を示す、よい記事だと思うので紹介しておきます。

 企業は、その効果を強調したいけど、過大広告にならないように、慎重に対応しているということが感じられます。

 消費者も、空気清浄機に何を求めるのかをよく判断して購入する必要があるということだと思います。

[ 2009/10/04 00:00 ] 企業の動き | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。